ドラマおやじの背中4話視聴率、感想、あらすじ。5話予告あらすじ、ネタバレ。エンディング曲、出演者、キャストを公開します。

公開日: : テレビ 視聴率, おやじの背中

本文( ドラマ”おやじの背中”に関する)内容

・ドラマ”おやじの背中”の4話視聴率、感想
・ドラマ”おやじの背中”の4話あらすじ
・・ドラマ”おやじの背中”のキャスト、出演者
・ドラマ”おやじの背中”5話予告あらすじ、ネタバレ
・ドラマ”おやじの背中”のエンディング曲
・ドラマ”おやじの背中”関連記事
を公開します。ご覧下さい。

ドラマ”おやじの背中”の4話視聴率、感想

ドラマ”おやじの背中”4話が放送されました。視聴率はまだ発表されていません。後日公開します。
尚3話は視聴率は8.5%でした。

4話感想は、今回のドラマは30代、40代男性は非常に身に染みて理解できる内容だったと思います。

ドラマ”おやじの背中”の4話あらすじ

母の秘密

慎介は、多摩川の土手で飛びついたおやじの背中のことを覚えていた。

父麻倉賢三は、妻幸恵の死をきっかけに東京の会社をやめ、四国の介護器具のレンタル業者をしている。慎介も監査法人をやめて今は無農薬野菜を売っている。

そんな時慎介の妻に、”お父さんからから秩父札所参りに行こう”と誘いがあったことを言われた。秩父のお遍路にいかないか?と慎介は困惑したが、妻に説得されいくことに。

父と慎介は秩父札所参りに

秩父33箇所を父賢三と慎介めぐっていた。そして秩父には隠れキリシタンがつくったものを仏教徒が、まねをした像があったり。。といろんな場所を巡っていた。

父は、慎介の昔の話をずっと話していた。
慎介が5歳のこといなくなった。そして皆で探し回って結局、洋服ダンスの奥に隠れてて、眠っていた。それが最初のおやじに対する反抗だった。

高校時代、やることなすこと反対した。そしてワルと付き合ってた。そのとき父はお前を殴ってやろうと思っていた。が母さんが始めて、父に面と向かって説教してきた。

昔話するとき慎介は、父とプールで競争したことを思い出した。息子が父に勝った。その時の母の姿が悲しかった。なぜ悲しい顔をしていたのかいまだに気になっていた。

慎介は、昔話を延々とする父に苛立ちを感じて、何のために俺をつれてきたのか?昔話をしにきたわけじゃない!
と話した。

それ以降父は、全く話をしなくなった。

父が温泉に入っているときに、慎介の妻が入院してから母から、父に対して
・集まりではよく話すのに、私にはあまり話さない。
・私のことをわかってない
・家庭のことをわかってない
といっていた。そのことを父にいったという。

妻が慎介に気になることを話す。
お父さん、どこかが悪いってことない。命が限りがあると思って何かを取りもどそうとしているんじゃないかと。

慎介は、父が昔のことを話していたことが気になった。

そして翌日から慎介は父の体調等気になり、気を使って話しをする。
慎介は、四国88箇所を歩きたいと思ったのか?父に尋ねた。

”四国にいるから、歩きたいとおもっただけ”という。

昔父は出版社の借金チャラにするために、家をうった。

父の出版社は、社会的運動に関係ある書物が多く近年になれば社会運動もなくなり、父の出版社も衰退していった。

慎介は川沿いを歩いているとき、学生運動の人々の集まりがあるとき、一度母がいなかったときがあった。そのようにしたのは慎介だった。

しかし家に帰って、父から説教を受けて集まりの準備をしていたのだ。

子供のとき、母さんのために親父に反抗していた。

そして母さんが入院したとき父のことに関して
・集まりではよく話すのに、私にはあまり話さない。
・私のことをわかってない
・家庭のことをわかってない
そのことを慎介の妻から聞いたことを、父に話追求しその罪滅ぼしで自分を連れてきたのかと問いただした。

すると、おれはセンチメンタルな人間じゃない。憤慨し突き飛ばした。

俺は、母さんと息子のために戦ってきた。そして大きなものとも戦ってきた。今の若い者は家庭を守れればいいのか?
と逆切れしてきた。

父は”加奈子さんにから聞いて。母さんに会いに毎日いった。しかし何もいえなかった。

父が、ある時母さんがいったことを慎介に話した。
私はお父さんたちの料理を作るのがいやだったわけではない。私は、議論に加わりたかったわけでもない。私はあなたと熱く生きていたかった。”

慎介は実は監査法人やめるとき、妻は泣いた。悲しみの涙ではなく、嬉し涙だった。
・慎介と一緒に生きてゆける。
・慎介といっしょに悩んで行ける
・慎介としっしょにいる時間が増える
といった。
つまり慎介は、知らないうちに父と同じ接し方を家庭にしていたのだ。

父は、四国88箇所、3ヶ月間回りながら母さんから声が聞こえた。といった。
”自分の至らなさを子供にみせる。それをも親の役目”

そして秩父の33箇所最後に着いたとき父が
”死んでから話してもしょうがないよな。”大声でさけぶ。

そして父と別れるとき慎介は、送っていくというが父は電車で帰るといった。

その時衝動的に慎介は、父のおやじの背中に飛び込んだ。

そして父が電車に乗る瞬間、慎介にお辞儀をした。その時初めて、父とも母ともひとつになれた気がした

その後車の中で泣く慎介に対して慎介の妻加奈子は
お父さんはお父さんの生き方があった。お母さんはお母さんの行き方があった。”と声をかけた。

それから3年後父はなくなった。

ドラマ”おやじの背中”のキャスト、出演者

麻倉賢三:渡瀬恒彦さん
麻倉慎介:中村勘九郎さん
麻倉加奈子:ともさかりえさん
麻倉幸恵:神野三鈴さん

ドラマ”おやじの背中”の5話予告あらすじ、ネタバレ

丸井三冬 (堀北真希) は悪役専門役者の 正 (遠藤憲一) を父に持つ女性警察官。父の当たり役がきっかけで、三冬は友人たちから 「ドブコ」 と呼ばれている。

ある日、三冬は幼なじみの親友で同じ警察官の 勝 (溝端淳平) から、突然 「友人関係」 を解消したいと宣告される。

フィアンセの 静香 (谷村美月) から三冬が結婚式に出ることも友人であることもやめて欲しいと言われたというのだ。

数日後、正は三冬に内緒で勝を警察署から呼び出した。

目的は勝からの一方的な別れ話に一言物申すため。

それを知った三冬は激怒!頼みもしないのに余計なことをした、と正を責める。

だがその帰り道、子ども相手に遊んでいた正が突然倒れてしまう。三冬はいつものように演技だと無視するが、正はそのまま意識を失っていた。凍りついた三冬は救急車を呼ぶが…。
親父の背中HPより引用

ドラマ”おやじの背中”のエンディング曲

ドラマ”おやじの背中”のエンディング曲は、 ボブ・ディランの風に吹かれてです。

ドラマ”おやじの背中”関連記事

ドラマおやじの背中3話視聴率、感想、あらすじ。4話予告あらすじ、ネタバレ。出演者、キャストを公開します。

おやじの背中1話視聴率、感想、あらすじ。2話予告あらすじ、ネタバレ。久々出演の田村正和さん、松 たか子さん

日曜劇場ドラマ”おやじの背中”1話完結親子の情を描くドラマ。三谷幸喜さんを脚本を

ad

関連記事

”S-最後の警官-”ドラマTBS日曜劇場。8話視聴率、感想、あらすじ。9話予告、ネタバレ。今回は冷静な速田が取り乱していました。

ドラマ”S―最後の警官―”本文サマリー(要約) ・”S―最後の警官―”の8話の視聴率、感想 ・”

記事を読む

漫画原作で関ジャニ∞大倉忠義さん、加藤あい出演の”Dr.DMAT”視聴率が停滞。感想はわるくありませんが。第2話あらすじ、第3話ネタバレ。主題歌は関ジャニ∞。 。

関ジャニ∞ 大倉忠義さん主演のドラマ”Dr.DMAT” 漫画では非常に人気ですがドラマでは、現在苦戦

記事を読む

春のドラマ視聴率ランキング。1位アイムホーム、2位天皇の料理番、3位Dr.倫太郎(ドクターりんたろう)5月26日版

春のドラマ5月下旬 ・春の視聴率ドラマランキング ・注目のドラマ ・春ドラマの傾向 を公開し

記事を読む

ドラマ”トクボウ 警察庁特殊防犯課”5話視聴率、感想。6話予告、ネタバレ。犯罪の裏には、大きな権力が。。。叶もピンチ。。

本文(ドラマ”トクボウ)サマリー(要約 ・ドラマ”トクボウ 警察庁特殊防犯課”5話視聴率、感想

記事を読む

嵐二宮和也さん主演ドラマ”弱くても勝てます” の9話視聴率、感想、あらすじ。10話予告、ネタバレ。城徳は、楓が特別コーチをつとめる武宮に勝てました

本文(嵐二宮和也さん主演ドラマ”弱くても勝てます”)のサマリー(要約) ・嵐二宮和也さん主演ドラマ

記事を読む

視聴率ドラマ2014ランキング。1位はHERO、花子とアン、”ごちそうさん”それとも。お勧めドラマ、2014秋ドラマ視聴率予想を紹介します

本文(視聴率ドラマ2014ランキングに関する)内容まとめ ・視聴率ドラマ2014ランキング ・視

記事を読む

視聴率更新。刑事7人2話あらすじ、視聴率、感想。3話予告、出演者、原作

東山紀之さん主演ドラマ刑事7人が放送を開始します。 ・2話視聴率、感想 ・2話あらすじ ・3話

記事を読む

探偵の探偵6話あらすじ、視聴率、感想、動画。7話予告

北川景子さん、川口春奈さん出演探偵の探偵 ・6話視聴率、感想、動画 ・6話あらすじ ・7話予告

記事を読む

ドラマ「チームバチスタ4 螺鈿迷宮」8話視聴率、あらすじ、感想。9話予告、ネタバレ。死んだはずの葵が生きていて、8年前の事件に関連。

ドラマ「チーム・バチスタ4」の本文サマリー(要約) ・ドラマ「チーム・バチスタ4」8話視聴率、感想

記事を読む

ドラマ”花咲舞が黙ってない”10話(最終回)視聴率、感想、あらすじ、まとめ。伊丹グループの給与情報紛失の犯人は伊丹誠一郎だった。2014年民放ドラマ視聴率NO1になりました。

ドラマ”花咲舞が黙ってない”本文サマリー(要約) ・ドラマ”花咲舞が黙ってない”10話(最終回)視

記事を読む

ad

ad

no image
長崎の安い宿、ゲストハウス、民泊。評判、居心地、お勧め、Casablanca、クレド佐世保など

長崎のゲストハウスのゲストハウス、民泊について紹介します。 地区別で

no image
視聴率ランキング2019年春ラジエーションハウス、緊急取調室、集団左遷。意外な人気は俺のスカートどこ行った、きのう何食べた

2019年春視聴率ランキングを公開します ・ラジエーションハウス

no image
加計学園の問題。安部首相、官邸、文部省。真実は愛媛県ではなく、今治市が握っている

加計学園の問題が、いまだに解決していません。 新たな文書が各省庁、県

no image
コインチェック流出事件後。危機管理体制不足。今後の仮想通貨の下落に拍車も。

コインチェックの流出事件後、コインチェックの会社の危機管理体制がおろそ

no image
仮想通貨ビットコインなど暴落には注意。キーとなるのはコインチェックの対応次第。

コインチェックによる流出事件(詳細はこちら)が発生し二日たちました。

→もっと見る



PAGE TOP ↑