ドラマ”失恋ショコラティエ”最終回(11話)視聴率、感想、あらすじ。。爽太はパリへ

ドラマ”失恋ショコラティエ”本文サマリー(要約)

・ドラマ”失恋ショコラティエ”最終回(11話)視聴率、感想
・ドラマ”失恋ショコラティエ”視聴率の推移
・ドラマ”失恋ショコラティエ”最終回(11話)を迎えまとめ
・ドラマ”失恋ショコラティエ”の過去の記事
を公開します。ご覧下さい

ドラマ”失恋ショコラティエ”の最終回(11話)が放送されました。爽太は紗絵子とわかれましたね。

ドラマ”失恋ショコラティエ”最終回(11話)視聴率、感想

ドラマ”失恋ショコラティエ”最終回(11話)が放送されました。視聴率は13.7%と10話視聴率11.4%ほぼ横ばいです。

ドラマ”失恋ショコラティエ”最終回(11話)感想としては、爽太は結局独りになりましたね。でも爽太には恋愛の大人になったんじゃないでしょうか。

ドラマ”失恋ショコラティエ”視聴率の推移

ドラマ”失恋ショコラティエ”がで放送されましたが、視聴率の推移を見てみましょう。
1話 14.4%
2話 12.7%
3話 13.3%
4話 11.8%
5話 10.5%
6話 12.0%
7話 11.7%
8話 11.4%
9話 11.2%
10話 11.4%
最終回(11話)13.7%

最終回(11話)迎え視聴率も13%台に戻しました。安定した数字で月9のドラマとしては、近年ではよかったとドラマの部類に入ると思います。

ドラマ”失恋ショコラティエ”最終回(11話)あらすじ

爽太は新しい作品であるチョコバーを思索していたが、なかなか上手くいかない。

「ショコラ・ヴィ」に意外な来訪者が

「ショコラ・ヴィ」に意外な来訪者が来た。そこには”えれな”の姿が。

爽太は、何も言葉が出なかった。というのも
”紗絵子のことをあきらめ、えれなと付き合おうと考えていた時に紗絵子が現れ、それ以来連絡しなければいけないエレナに爽太は連絡をできなかったのだ。”

つまり爽太はえれなを裏切ったのだ。

しかしそんな爽太にえれなは
”爽太君のことが好き”と告白。そしてショーのチケットを渡す。

”昔の気持ちのままだったら、見に来て欲しい”
と伝えてえれなは店をさった。

紗絵子の衝撃的事実が

薫子は紗絵子が買い物にから帰ると。。紗絵子が倒れる。
そして薫子は意外な事実をしる。

紗絵子は
・妊娠している
・そのこは爽太君の子ではない
ということだ。

その事実を爽太は
”いえを探そう””一緒に住もう”
と凄く動揺していた。

しかし紗絵子は
”妊娠がわかって爽太君の分かれることを悲しいとは思わなかった”
”かえらなきゃ”
と発言。

紗絵子は確信の一言
”爽太君は私の幻想を愛してたんだよね”

そして2人は各々の家に帰る。

爽太は、あまりのショックで店を閉めようと考えていた。

しかし店に行くとオリヴィエと薫子、まつりが店を開けていた。
そしてさりげなく薫子は愛の告白を爽太にする。

その後チョコバーを、紗絵子に食べてもらう。
その時に爽太は
”紗絵子を幸せにしたいという思いが、いいショコラティエを作ることが出来た。有難う”
といいさっていく。

そしてえれなに爽太に謝罪に向かった。

その後の爽太の決断

爽太は考えて、パリに向かうこととなった。

そして自分の道を見つけ出すことに。

お店はオリヴィエとまつり、薫子がまもることに。。

ドラマ”失恋ショコラティエ”11話(最終回)を迎えてまとめ

今回のドラマ”失恋ショコラティエ”は最近の月9の中では、面白いドラマだったと思います。原点回帰と言うか非常に胸を躍らせるドラマになっていました。

漫画の世界を再現することで、女性の憧れをテレビの中で実現を可能にし非常に良かったと思います。

終わり方が、次にもつながるような終わり方で続編があるのでしょうか。

ドラマ”失恋ショコラティエ”の過去の記事

ドラマ”失恋ショコラティエ”10話視聴率、感想、あらすじ。11話(最終回)予告、ネタバレ。爽太の「ボネール」のチーフショコラティエは。。棲

ドラマ”失恋ショコラティエ”9話視聴率、感想、あらすじ。10話予告、ネタバレ。爽太と紗絵子が半同棲

ドラマ”失恋ショコラティエ”8話視聴率、感想、あらすじ。9話予告、ネタバレ。爽太がついに紗絵子と

ドラマ”失恋ショコラティエ”7話視聴率、感想、あらすじ。8話予告、ネタバレ。

”失恋ショコラティエ”ドラマ第6話視聴率、感想、あらすじ。第7話予告、ネタバレ。

ドラマ”失恋ショコラティエ”漫画原作月9キャスト石原さとみさんなど。第5話視聴率、感想、あらすじ。第6話予告、ネタバ

ドラマ”失恋ショコラティエ”漫画原作月9キャスト嵐松本潤さん、石原さとみさん。第4話視聴率、感想、あらすじ。第5話予告、ネタバレ。

キャスト嵐松本潤さん、石原さとみさん主演月9ドラマ原作が漫画の”失恋ショコラティエ”第3話視聴率、感想、あらすじ。第4話予告、ネタバレ。主題歌嵐”Bittersweet”

主題歌”嵐”で主役松本潤さんそして、漫画で人気の”失恋ショコラティエ”第2話視聴率、感想、あらすじ。第3話ネタバレ。

嵐松本潤さん主演で原作が漫画の月9ドラマ”失恋ショコラティエ”初回視聴率は?主題歌は嵐。感想。第2話ネタバレ。

今回の月9は原作漫画の「失恋ショコラティエ」主演嵐松本潤さん。キャストは石原さとみさん、水川あさみなど。主題歌当然”嵐”。第1話あらすじ、ネタバレ

2014年月9ドラマ「失恋ショコラティエ」嵐松本潤さんの他佐藤隆太、石原さとみさん出演者決まる。井上真央さんが彼女との噂は本と?身長は?

嵐の松本潤来年月9「失恋ショコラティエ」主演決定。NHK「はじまりの歌」視聴率9.2%。主演映画「陽だまりの彼女」は好調。井上真央との電撃婚間近? 東出昌大 と兄弟疑惑

ad

関連記事

ドラマ”続最後から二番目の恋”の6話視聴率、感想、あらすじ。7話予告、ネタバレ。薫子と和平の仲に千明が嫉妬?

本文(小泉今日子さん、中井貴一さん出演ドラマ”続・最後から二番目の恋”に関する)サマリー ・ドラマ

記事を読む

外科医大門未知子の「ドクターx 」第7話視聴率23.9%。4話から7話連続20%越え!第7話あらすじ。

米倉涼子さん主演「ドクターX」民放ドラマ独走状態になりましたね。 第7話視聴率23.9%でした。

記事を読む

視聴率更新。花燃ゆ38話あらすじ長州では、中央の意向に反対し反乱軍が。視聴率、感想

NHK大河ドラマ花燃ゆ ・花燃ゆ38話届かぬ言葉視聴率、感想 ・花燃ゆ38話あらすじ小田村の誠意

記事を読む

ドラマ「医龍4 ~Team Medical Dragon」8話視聴率、感想、あらすじ。9話予告、ネタバレ。早川が朝田によって、今回医師として成長しました。

本文(ドラマ「医龍4 ~Team Medical Dragon」)のサマリー(要約) ・ドラマ「医

記事を読む

視聴率更新。恋仲。4話視聴率、あらすじ、感想、動画。あかりが翔太に失望。5話予告。

福士蒼汰さん、本田翼さん 出演月曜9時ドラマ恋仲 ・4話視聴率、感想、動画 ・4話あらすじ

記事を読む

視聴率更新。相棒16話あらすじ、視聴率、感想。17話予告シーズン13。成宮寛貴さん、水谷豊さん、仲間由紀恵さん出演。自己防衛の殺害。実は復讐。

相棒16話シーズン13 ・相棒16話視聴率、感想 ・相棒16話あらすじ ・相棒17話予告あらす

記事を読む

速報 !年間視聴率”テレビ朝日”2冠初制覇。全日は”日本テレビ”速報。ドラマ 「ドクターx」「相棒」、バラエティ「ロンドンハーツ」 などの視聴率好調。

2013年の年間視聴率が発表されました。 今年はなんと”テレビ朝日”が視聴率2冠を獲得しました。

記事を読む

ドラマ”ST赤と白の捜査ファイル”あらすじ、原作、主題歌、キャスト(出演者)。藤原竜也さんと岡田将生さんコンビの兼ね合いが見所ですね。

本文内容 ST赤と白の捜査ファイルが始まります。このドラマの ・あらすじ ・見所 ・原作、脚

記事を読む

花咲舞が黙ってない9話あらすじ、視聴率、感想、動画手形紛失。10話予告。

杏さん、上川隆也さん出演花咲舞が黙ってない ・9話視聴率、感想、無料動画 ・9話あらすじ ・1

記事を読む

小泉孝太郎”名もなき毒”に続き、国仲涼子さん共演TBSドラマペテロの葬列に出演。 原作、主題歌、あらすじ、キャスト(出演者)公開。

月曜日8時から放送されていたドラマ”ホワイトラボ”が終了しました。 2014年夏のドラマは、ペテロ

記事を読む

ad

ad

2021年秋のドラマおすすめは、日本沈没。本命はじゃないほうの彼女。視聴率。

2021年秋のドラマはいろいろおすすめの作品はあります。 定番では相

ドクターX2021放送再開。初回放送日、キャスト、見どころ。第1話、過去のあらすじ、視聴率。

ドクターx(Docter-x)キャスト、見どころ、あらすじ、過去の視聴

no image
長崎の安い宿、ゲストハウス、民泊。評判、居心地、お勧め、Casablanca、クレド佐世保など

長崎のゲストハウスのゲストハウス、民泊について紹介します。 地区別で

no image
視聴率ランキング2019年春ラジエーションハウス、緊急取調室、集団左遷。意外な人気は俺のスカートどこ行った、きのう何食べた

2019年春視聴率ランキングを公開します ・ラジエーションハウス

no image
加計学園の問題。安部首相、官邸、文部省。真実は愛媛県ではなく、今治市が握っている

加計学園の問題が、いまだに解決していません。 新たな文書が各省庁、県

→もっと見る



PAGE TOP ↑