Nのために6話あらすじ、視聴率、感想。7話予告あらすじ、ネタバレ。主題歌、出演者。Nの野口に妻なおこに秘密が。

公開日: : Nのために, テレビ 視聴率

本文(Nのためにに関する)内容まとめ

・Nのために6話視聴率、感想
・Nのために6話あらすじ
・Nのために7話予告あらすじ、ネタバレ
・Nのためにの原作、脚本
・Nのために主題歌
・Nのために挿入歌
・Nのためにの出演者、キャスト
・Nのために関連記事
を公開します。ご覧下さい。

Nのために6話視聴率、感想

Nのために6話放送されました。視聴率5.8%でした。Nのために5話視聴率は10%でしたので大幅に下落しました。・

Nのために6話感想としては、西崎はなおこの虐待の事実を知る。そして二人は惹かれあっていく。

Nのために6話あらすじ

2004年
安藤は、事件当日野口の家に早めに向かったという。
屋上のラウンジで待っていたが、来ないので自宅に向かうと事件がおきていたという。

高野が杉下と会う。
10年前殺人事件の事件を聞く。高野は
”いつも成瀬をいつもかばうね”という。
”杉下と成瀬が二つに事件に居合わせたのは偶然なのかね”

なおこは、のばらそうにきていた。そのとき西崎の書いていた小説を読んでいた。そして小説の本人が西崎が自分自身であることに、なおこは気づく。

一方成瀬は、おれおれ詐欺で捕まった。そして身元引取りで高野が来ることに。

杉下は、野口の家に誘われる。杉下は野口に将棋のブレーンになっ手暮れと頼まれた。

なおこは西崎と仲を深めることに。

杉下の母は、再婚することに。

杉下と安藤は正月を一緒にすごすことに。二人の仲は深まっていった。

成瀬は、学校をやめて将来のことを考えて全部やり直すとのことだ。
杉下は就職活動に励んでいた。

安藤は卒業するお返しに、ビルの窓拭きのバイトに誘った。
そして二人は腕をつかんで、ビル高いところから海を見ていた。

成瀬は、レストランでバイトが決まることに。

安藤は野口の勤める会社に入り、野口の下で働くことに。

なおこがよく杉下の家に来るようになった。いないときは西崎が相手をしていた。

西崎になおこが
言葉にできないほどの気持ちをぶつけられたことはある?

なおこは、主人から虐待を受けていたことを告白する。
私は受け入れた
あなたは逃げてきた。

という。そして二人は急速に仲が深まってきた。

そんな中会社内で、野口の妻なおこが不倫しているメールが伝わる。
そして杉下が、なおこに電話をかけるとつながらなくなっていた。

2014年
安藤からある衝撃的な事実が。
外から鍵がかかっていたので、最悪の事態になった
と高野をしる。

そして安藤は、事件の日に渡せなかったと
杉下に指輪を渡す

杉下が高野を呼び出した。
3年前に胃がんの手術をした。そして再発した。
そして余命宣告をうけた。もって一年と聞く。

2014年12月24日何があったのかお話します。

Nのために7話予告あらすじ、ネタバレ

2014年。希美(榮倉奈々)は、高野(三浦友和)に余命宣告を受けていることと、野口夫妻殺人事件の日に見たことを話し始める。その希美は、安藤(賀来賢人)からの突然のプロポーズに戸惑っていた。

2004年。希美と安藤は、野口(徳井義実)が奈央子(小西真奈美)を監禁していることを知り驚く。野口によれば奈央子が流産してしまい、精神的に不安定になっているのでやむを得ないのだという。奈央子を心配する希美に、安藤は奈央子に不倫の噂があると告げ、西崎(小出恵介)からは奈央子の不倫相手は自分だと打ち明けられる。野口にDVを受けている奈央子を救い出したい、と西崎から相談された希美は…。

数日後、高校時代の友人の結婚式に出席するため青景島に戻った希美は、成瀬(窪田正孝) と再会。成瀬が大学を辞めてレストランで働いていることを知る。

引用 Nのためにホームページ

Nのためにの原作、脚本

Nのためにの原作、脚本は、湊かなえさんです。

湊 かなえ(みなと かなえ、1973年 – )は、日本の小説家。広島県因島市中庄町(現・尾道市因島中庄町)生まれ。尾道市立因北小学校、因北中学校、広島県立因島高等学校、武庫川女子大学家政学部卒業。

現在、兵庫県淡路島在住。

作品リスト
単行本
・告白(2008年8月 双葉社 / 2010年4月 双葉文庫)
・少女(2009年1月 早川書房 / 2012年2月 双葉文庫)
・贖罪(2009年6月 東京創元社 / 2012年6月 双葉文庫)
・Nのために(2010年1月 東京創元社 / 2014年8月 双葉文庫)
・夜行観覧車(2010年6月 双葉社 / 2013年1月 双葉文庫)
・往復書簡(2010年9月 幻冬舎 / 2012年8月 幻冬舎文庫)
・花の鎖(2011年3月 文藝春秋 / 2013年9月 文春文庫)
・境遇(2011年10月 双葉社)
・ サファイア(2012年4月 角川春樹事務所)
・白ゆき姫殺人事件(2012年7月 集英社 / 2014年2月 集英社文庫)
・母性(2012年10月 新潮社)
・望郷(2013年1月 文藝春秋)
・高校入試(2013年6月 角川書店)
・豆の上で眠る(2014年3月 新潮社)
・山女日記(2014年7月 幻冬舎)
・物語のおわり(2014年10月 朝日出版社)
wikipedia引用

Nのためにの主題歌、放送日時 

Nのためにの主題歌は、家入レオさんの” Silly”にきまりました。A

Nのためにの放送日時は、10月17日金曜日22時からです。

Nのためにの挿入歌

Nのためには、まだ公開されていません。

Nのためにの出演者、キャスト

Nのためにの出演者、キャストは、

杉下 希美榮倉奈々さん
成瀬 慎司窪田正孝さん
・安藤 望:賀来賢人さん
・西崎 真人:小出恵介さん
・高野 夏恵:原日出子さん
・宮本 由妃:柴本幸さん
・野口 貴弘:徳井義実さん
・野口 奈央子:小西真奈美さん
高野 茂三浦友和さん
などです。

Nのために関連記事

Nのために5話あらすじ、視聴率、感想。6話予告あらすじ、ネタバレ。主題歌、出演者、キャストを公開。N計画は成功する

Nのために4話あらすじ、5話予告あらすじ、ネタバレ、視聴率、感想。主題歌、出演者、キャストを公開。”Nのために”のN計画

Nのために3話あらすじ、4話予告ネタバレ、視聴率、感想。原作、主題歌、出演者公開。西崎、安藤、杉下の関係が明らかに。

Nのために2話あらすじ、3話予告ネタバレ。原作、主題歌、出演者公開。成瀬が実家を放火する。。

”Nのために”ドラマ。あらすじ、1話予告あらすじ、ネタバレ、放送日、原作、脚本、主題歌、キャスト、出演者公開。

ad

関連記事

sennryokugai

ドラマ「戦力外捜査官」第4話視聴率、感想、あらすじ。第5話予告、ネタバレ。

ドラマ「戦力外捜査官」の ・ドラマ「戦力外捜査官」第4話視聴率、感想 ・ドラマ「戦力外捜査官」第

記事を読む

hero5

木村拓哉さん主演ドラマ”HERO”5話視聴率、感想、あらすじ。6話予告あらすじ、ネタバレ。キャスト、出演者を公開。

本文( 木村拓哉さん主演ドラマ"HERO"に関する)内容 ・ドラマ"HERO"5話視聴率、感想

記事を読む

dousousei2

同窓生”人は、三度、恋をする”2話視聴率、感想、あらすじ。3話予告あらすじ、ネタバレ。あけひと健太の距離が近づく。

本文内容 ”同窓生 ~人は、三度、恋をする~”の2話が放送されました。このドラマの ・2話視聴率

記事を読む

siren

サイレーンが主演松坂桃李さんによりドラマ化。サイレーンとは?、あらすじ、主題歌、原作、出演者

本文に関するまとめ(サマリー) ・サイレーンとは ・サイレーンの1話あらすじ ・サイレーンの主

記事を読む

takahiro

”笑っていいとも”の後番組MC発表。テレフォンショッキングゲスト欽ちゃん”萩本欽一” 出演。とんねるずはレギュラーに。

もうすぐ”笑っていいとも!”が終了しますが、いよいよ本格的に”笑っていいとも!”全貌が明らかになって

記事を読む

oyazinosenaka2

役所広司さん主演ドラマおやじの背中2話視聴率、感想、あらすじ。3話予告あらすじ、ネタバレ。

本文内容 日曜劇場ドラマ”おやじの背中”の2話が放送されました ・2話視聴率、感想 ・2話あら

記事を読む

bokunoitazikann

ドラマ「僕のいた時間」第4話視聴率、あらすじ、感想。第5話予告、ネタバレ。主題歌Rihwaさんの「春風」。原作は書き下ろし。

本文(ドラマ「僕のいた時間」)のサマリー(要約) ・三浦春馬さん主演のドラマ「僕のいた時間」が第4

記事を読む

aruzyanonlast

視聴率更新。アルジャーノンに花束を最終話(最終回)あらすじ。梨央の病気は治ったが、咲人は、副作用で昔の自分に戻る。。感想、視聴率、まとめ。

山下智久さん主演、アルジャーノンに花束を最終話が放送されました。 ・アルジャーノンに花束を最終話(

記事を読む

sakura7

SAKURAあらすじ7話、予告あらすじ、ネタバレ8話、視聴率、感想。主題歌、キャスト、出演者。

本文(SAKURAに関する)内容 ・SAKURA7話視聴率、あらすじ ・SAKURA7話あらすじ

記事を読む

minnou

遠藤憲一さん、菅田将暉さんの主演民王5話あらすじ。視聴率、感想。6話予告、原作、出演者、主題歌

遠藤憲一さん、菅田将暉さんのダブル主演ドラマ民王 ・5話視聴率、感想 ・5話あらすじ ・6話予

記事を読む

ad

ad



PAGE TOP ↑