視聴率更新。”アルジャーノンに花束を”9話あらすじ。咲人がALGの副作用で元に戻るのが早いか、梨央の病気を治す薬を開発するのが早いか。感想、視聴率。最終話(10話)予告。

公開日: : 最終更新日:2015/06/08 アルジャーノンに花束を, テレビ 視聴率

山下智久さん主演、アルジャーノンに花束を9話が放送されました。
・アルジャーノンに花束を9話視聴率、感想
・アルジャーノンに花束を9話あらすじ
・アルジャーノンに花束を最終話(10話)予告あらすじ
・アルジャーノンに花束を原作、脚本
・アルジャーノンに花束を主題歌
・アルジャーノンに花束を出演者、キャスト
・アルジャーノンに花束を過去のあらすじ、視聴率など
公開します。

アルジャーノンに花束を9話視聴率、感想

アルジャーノンに花束を9話が放送されました。視聴率は7.8%でした。
アルジャーノンに花束を8話視聴率は7.8%でした。

アルジャーノンに花束を9話の感想は、咲人はALGの副作用のために新たな薬を仮説の元に作成する。

しかしその薬が、副作用をとめれないことを咲人はしる。

咲人は、自分の副作用で、昔にもどると知りながら、檜山や柳川の願いである梨央を助けるために研究を行うことに。時間との戦いが始まる。

アルジャーノンに花束を9話あらすじ

檜山が、班長の鹿内ともめていた。
檜山は、梨央のことを考えるとむしゃくしゃしていたからだ。

一方咲人は、昔の自分の姿を動画で見ていた。咲人は
”他人からの防衛本能で笑っていた。思っていた。”
”しかし、笑うことは幸せなんだ。とわかった”
そして
”以前の僕は、まんざら馬鹿でもない。”という。

人の心は、メンタルでつながっている。苦しいと思えば胃に穴が開いたりする。

蜂須賀は、皆を呼び出す。そこで
咲人と話し合って、ALGに強化する。
ALGΒを作ることに。みんなリスクを懸念していた。

咲人は、”時間がないから”とつぶやく。

竹部が、昔の事を皆の前で語りだす。
”以前腎臓をもらった。”
”若いとき、喧嘩ばっかりしていたとき、急性腎不全になる。”

そんな時、昔の学校の先輩が見舞いに来たという。
そして、腎臓を一つ分けてくれた。

ありえない、赤の他人から。。”と思った。
そしてその人は、見る見る体調が悪くなり、会社も辞めざるを得なくなった。

そして竹部は、
こんな俺でも、そんな人に会ったら変わった。そして何か出来ないかと思って、お前らみたいな奴を再生しようと思ったが、所詮偽者だ”という。

柳川は竹部に
”腎臓を別けてくれた人は、咲人の父親ですか”と聞くと
”そうだ”という。

そんな時、アルジャーノンが突然亡くなった。その原因を探るためにアルジャーノンを解剖するという。

そんなことをさせたくない小久保が、アルジャーノンをもって研究所を抜け出す。

後日柳川が、遥香と会う。そして遥香から衝撃的な言葉を咲人は
”ALGの副作用で、もとに戻ってしまう”と告げられる。

そんな時、檜山が研究所で騒ぎを起こす。そしてその姿発見する咲人。
そしてなぜ檜山が研究所に来たのか、事情を知ることに

舞のもとに、咲人が。。
そして梨央の容態を知る。咲人は、梨央の医療データを見ていた。その時遥香が咲人の前に現れる。

咲人が遥香に
”恋をすると盲目になる”
遥香は、柳川たちが研究所に来て追い払ったことを咲人に謝る。

咲人は
”別に攻めてるわけじゃない”
”君は僕を縛った。友人であるならば、友人を助ける”

遥香は
”あなたを、愛してるからよ”という。
しかし咲人はその言葉を聞いて
だとしたら、とても悲しい愛だ”という。

咲人に、小久保から連絡がある。
そして二人は、山の中に向かう。そしてアルジャーノンを土に埋める。

咲人は、ALG-Βを摂取していた。

蜂須賀は、咲人に
”なぜ、動物実験をまたなかった”
”Βで、対抗を作ってもまた起点に戻ってしまう”
という咲人。
”見てみぬふりはできない。”
”これ以上アルジャーノンや、僕みたいな人物を増やしたくない”
誰かのために。。。そうしないと僕やアルジャーノンの存在した意味が。。

咲人は、梨央のもとで研究を行うことに。
人は笑顔を見せると、アドレナリンが分泌される。
だから、苦しいとき悲しい時、笑顔を見せるのだろう

アルジャーノンに花束を最終話(10話)予告あらすじ

「誰かを救うためにこの知能を使わなければ、私とアルジャーノンの存在は無意味になってしまう」と言って咲人(山下智久)は、梨央(谷村美月)を助けるために、杉浦(河相我聞)や小久保(菊池風磨)らとチームを結成した。

それを知った柳川(窪田正孝)と檜山(工藤阿須加)も、希望が持てたようだ。

しかし、咲人を助けたい一心の遥香(栗山千明)は、一刻も早く対処法を見つけてほしいと蜂須賀(石丸幹二)に懇願するが、蜂須賀は、咲人のいない研究チームでは難しいと手詰まり感を隠せないでいた。

そんなとき、咲人の母・窓花(草刈民代)が咲人を訪ねてくる。

遥香から説得を頼まれたという窓花は、一体、咲人に何を語るのか?

その後日、蜂須賀の研究センターへ梨央の父・河口(中原丈雄)が秘書を連れだってやって来ると、蜂須賀のことを刑事告訴すると伝える。

梨央の病気の特効薬を開発するという名目で、その効果を望めない研究のために河口の会社から莫大な資金を流用したとして、詐欺罪が成立するというのだ。

だがしかし、もし咲人が梨央のことを救えたときは、研究チームが開発したALGが梨央を救ったと考えて、告訴を取り下げてやってもいいと、河口は蜂須賀に告げる。

そんなとき、咲人は竹部の元を訪れていた…。

アルジャーノンに花束をホームページ引用

アルジャーノンに花束を原作、脚本

アルジャーノンに花束をの原作は、ダニエル・キイスさんです。

アルジャーノンに花束を主題歌

アルジャーノンに花束を主題歌は、ベットミドラーローズです。

アルジャーノンに花束を出演者、キャスト

アルジャーノンに花束を出演者、キャストは

主役
・白鳥 咲人:山下智久さん

・望月遥香:栗山千明さん
・柳川隆一:窪田正孝さん
・檜山康介:工藤阿須加さん
・望月遥香:栗山千明さん
・杉野史郎:河相我聞さん
・白鳥久人:いしだ壱成さん
・白鳥窓花:草刈民代さん
・竹部順一郎:萩原聖人さん
などです。

アルジャーノンに花束を過去のあらすじ、視聴率など

・8話あらすじ、視聴率はこちら

・7話あらすじ、視聴率はこちら

・6話あらすじ、視聴率はこちら

・5話あらすじ、視聴率はこちら

・4話あらすじ、視聴率はこちら

アルジャーノンに花束をの3話あらすじ、視聴率はこちら

アルジャーノンに花束をの2話あらすじ、視聴率はこちら

アルジャーノンに花束をの1話あらすじ、視聴率はこちら

ad

関連記事

han10

視聴率速報。花燃ゆ10話あらすじ、感想、視聴率。11話予告、井上真央さん、伊勢谷友介さん、東出昌大さん、高良健吾さん出演。伊藤利助が松下村塾に

NHK大河ドラマ花燃ゆ10話が放送されました。 ・花燃ゆ10話視聴率、感想 ・花燃ゆ10話あらす

記事を読む

mutuu3

無痛診える眼。3話刑法39条を使った犯罪逃れ、そのことに対し激情を表す早瀬

無痛診える眼まとめ(サマリー) ・無痛診える眼とは ・無痛診える眼の過去の放送のあらすじ、視聴率

記事を読む

2014年”桜”開花予想時期、花見の名所、場所、ランキングを公開します。梅の名所も同時に公開します。(中国、四国)

中国、四国の開花、花見、名所サマリー(要約) ・2014年中国、四国”桜”開花時期予想、名所 ・

記事を読む

wild7

視聴率更新。”ワイルド・ヒーローズ”7話あらすじ。日花里は何者なのか。視聴率、感想、8話予告。

EXILEのTAKAHIROさん主演のワイルド・ヒーローズ7話 ・ワイルド・ヒーローズ7話視聴率、

記事を読む

kinndaiti1

山田涼介さん主演ドラマ”金田一少年の事件簿N(neo)”1話視聴率、感想、あらすじ。2話予告あらすじ、ネタバレ

本文内容 ドラマ”金田一少年の事件簿N(neo)”の放送が始まりました。このドラマの ・1話視聴

記事を読む

nnotameni

”Nのために”ドラマ。あらすじ、1話予告あらすじ、ネタバレ、放送日、原作、脚本、主題歌、キャスト、出演者公開。

本文(ドラマ”Nのために”に関する)内容 ・ドラマ”Nのために”のあらすじ、概要、見所 ・ド

記事を読む

aibou9

相棒9話あらすじ、視聴率、感想。10話予告あらすじ、ネタバレ、シーズン13(season13)。脚本、出演者。次回は元旦スペシャルです。

本文(”相棒シーズン13”に関する)内容まとめ ・相棒9話視聴率、感想 ・相棒9話あらすじ ・

記事を読む

杏さん主役ドラマ”花咲舞が黙ってない”コンビ役には上川隆也さん。予告、あらすじ、出演者(キャスト)。原作は池井戸潤さんです。主題歌 は西野カナさん。

ドラマ”花咲舞が黙ってない”本文サマリー(要約) ・ドラマ”花咲舞が黙ってない”原作は ・ドラマ

記事を読む

gisouintoro

秋のドラマ相棒、偽装の夫婦、私の愛したお坊さんこの3作品が視聴率争い。。

秋のドラマが10月から始まります。注目作品相棒などご紹介します。 ・秋のドラマ(2015年)注目作

記事を読む

seisyunn6

ごめんね青春あらすじ、予告あらすじ6話、7話ネタバレ、視聴率、感想。主題歌、挿入歌、キャスト、出演者。中井が転校することに。

本文(ごめんね青春に関する)内容 ・ごめんね青春6話視聴率、感想 ・ごめんね青春6話あらすじ

記事を読む

ad

ad



PAGE TOP ↑