川上哲治が93歳で死去。落合がまねしていいバッテリーは、 前田智徳、川上哲治さんだけだという。丹波哲郎との関係?

公開日: : 最終更新日:2013/11/24 スポーツ, 訃報

今日本シリーズが行われていますが、楽天の星野監督が宿敵
”巨人”と言わしめた、歴史をつくったのが、有名な
川上哲治さんです。

WS000021

実は”川上哲治さん”が93歳で28日お亡くなりになりました。

川上哲治さんとは

川上哲治さんは、熊本に生まれそれから巨人に入団した。
19歳で3割3分9厘と史上最年少の首位打者をとり当時は
”打撃の神様”とまで呼ばれた。

WS000020

現役時代は、プロ野球界の大スターとして存在感を示し、
監督としては、長嶋茂雄さん王貞治さんを率いる、読売巨人の
黄金時代を築き未だ破られない、日本一を9年連続獲得した。

WS000022

当時有名な言葉で
試合終了後に宿舎で深夜まで素振りをするなど、チーム内では
練習熱心で知られていた。ある時球が止まって見えるという感覚に
襲われた。これが「ボールが止まって見えた」という有名な
エピソードを残した。。

また俳優の丹波哲郎さんは「軍隊時代に上官だった川上哲治
からリンチを受けていた。終戦後に川上さんが「あのときは
仕方なかった」と頭を下げて廻っていたという。

後落合博さんが言ったのは、まねしていいバッターは
前田智徳さんと川上哲治さんだけだいっています。

川上さん現代のプロ野球を作り出したことに対する貢献は
すごいことです。ご冥福をお祈り申し上げます。

ad

関連記事

2014nouse

2014年F1ニュース速報、グランプリ全日程公開。エンジン変更でルノー開発遅れる?来年からホンダ参戦。テストで、ケータハム可夢偉あまり走れず。特徴的なノーズの効果は。

F1に関する本文サマリー(要約) ・2014年F1全日程。F1開幕は3月16日(決勝)オーストラリ

記事を読む

fukuiesaisyo

ドラマ”福家警部補の挨拶”第3話視聴率、あらすじ、感想。第4話予告、ネタバレ。

檀れいさん主演のドラマ「福家警部補の挨拶」第3話が放送されました。視聴率はどうだったでしょうか。

記事を読む

6

ダルビッシュ有さんと離婚したタレントの紗栄子さんと武豊さんが恋愛? 離婚?子供はいるの? 年収?

秋になり競馬もGIシーズンとなり有名な騎手武豊さんも 活躍されること思います。 スポーツ選手を虜

記事を読む

syusuki-

続報 元F1ドライバーミハエル・シューマッハ。スキーで事故し頭部損傷し危篤状態。ヘルメットをしてなければ確実にここにはいなかったと現在治療中の医師団がかたる

ミハエル・シューマッハの容態に関して先ほど医師団の説明がありました。 第2回目の手術を行い成功した

記事を読む

abusann

漫画「あぶさん」連載41年で終了。「ゴルゴ13」、「こちら葛飾区亀有公園前派出所」はまだまだ続いている!年末に暇なときのお勧めの漫画は!

個人的にまさかここまで続いていたとは、という感じです。 1973年から”ビックコミックオリジナ

記事を読む

neruson

ネルソン・マンデラ元大統領の追悼式で、要人の隣で手話を行っている人物は手話ができない?原因は?その裏でオバマ大統領が歴史的行為が行われていた。

アパルトヘイトの撤廃に全力を尽くしたネルソン・マンデラ元大統領の追悼式が昨日行われました。各国の首脳

記事を読む

uemura

ソチオリンピック2014日程、開催地はロシアのソチ。開会式は圧巻の映像とダンス。団体女子SP浅田真央出場。東京都知事も決定し東京オリンピックも開催へ。

2月8日ソチオリンピックが開会されました。 開会式は、プロジェクターを208台使用して、会場には鮮

記事を読む

nihonndaihyou

2014ワールドカップが始まりました。2014FIFAランキング(ランク)TOP100を公開。今までの日本代表のFIFAランキング最高位(最高成績)、最下位は?ザンビアは?

本文サマリー(FIFAランキングに関する) ・2014FIFAランキング(ランク)top100

記事を読む

ke-tahamu

最新速報。2014年1月小林可夢偉 ケータハムシート契約決定を発表。同時にスポンサー”グッドスマイルカンパニー”を発表。

小林可夢偉さんが2014年ケータハムでF1復帰を果たすことが決まりました。昨年ザウバーのシートが獲得

記事を読む

最新情報 ミハエルシューマッハ。スキー事故後、現在の容態はまだ昏睡状態(脳死?)。 事故後オメガのスピードマスターシューマッハモデルが注目される。

シューマッハ 事故 スピードマスター オメガ 現在 容態 脳死 関連情報 F1速報鈴鹿結果とビ

記事を読む

ad

ad



PAGE TOP ↑