ごめんね青春あらすじ、視聴率、感想、まとめ最終回(10話)。主題歌、挿入歌、キャスト、出演者。

公開日: : ごめんね青春, テレビ 視聴率

本文(ごめんね青春に関する)内容

・ごめんね青春最終回(10話)視聴率、感想
・ごめんね青春最終回(10話)あらすじ
・ごめんね青春感想、まとめ
・ごめんね青春原作、脚本
・ごめんね青春主題歌、放送日
・ごめんね青春挿入歌
・ごめんね青春出演者、キャスト
・ごめんね青春の関連記事
を公開します。ご覧下さい。

ごめんね青春最終回(10話)視聴率、感想

ごめんね青春最終回(10話)が放送されました。視聴率は後日公開します。
ごめんね青春9話視聴率は8.8%でした。

ごめんね青春最終回(10話)の感想としては、平助は三女の礼拝堂の放火の真実をみんなに話しました。そして学校を辞めることに。しかし生徒達は、過去のことより今回の文化祭を成功に導いた平助を見ていました。

ごめんね青春最終回(10話)あらすじ

蜂谷に、三女を放火したことを告白した平助。

学校は、合同文化祭”青春祭”が盛り上がっている中平助は
・祐子
・親友のさとし
に平助が放火した容疑者であることを告白する。

そして文化祭も終わりを迎える中平助は皆の前で
14年前三女の礼拝堂を放火したのは、僕です”と告白する。

そして
今日限り辞めます”と辞表を出す。

会場は騒然となり、三女の校長なども平助を攻め立てた。

その時さとしが、14年前事件を担当した刑事をつれてきて
ロケット花火が、放火した原因とは断定できなかった”と告白される。
結局誰が、犯人なのかわからなかったのだ。

そして平助が学校を辞めさせたくないために、
・鍵を閉めなかった自分のせい
など各々が、平助をかばいだした。

その時勢いで東高の校長が、
”自分もDJをやっている”
と告白した。その時みんなが、平助の事件よりも驚いた。

そんな中平助は、文化祭の片づけを生徒といっしょにしていた。そして朝になりそのときに生徒が
”この文化祭は、忘れない”という。

その時平助は蜂谷に
”結婚してください”とプロポーズする。蜂谷は驚きながらも
”するよ”といいプロポーズを受けることに。

この日を境に
平助は学校をやめ
校長はラジオのDJをやめる

そして
・さとしと裕子は仲良く畑仕事を
・蜂谷は、平助の家で花嫁修業をしていた。
一方学校を辞めた平助は。。。
校長の後を継いで、二代目DJに

ごめんね青春感想、まとめ

ごめんね青春の放送が終わりました。

最初視聴率は10%を超えたのですが、2話以降は二桁の視聴率を超えることはありませんでした。

ドラマは非常に面白かったのですが、
・内容がたまにとんでもない方向に
・その回の話で何を言いたいのかわからない
などちょっと疑問に思う点がありました。

しかしこのドラマを、”ドラマではなく舞台としてみれば、非常に評価の高いものでした”

ごめんね青春原作、脚本

ごめんね青春の原作、脚本は、宮藤官九郎さんの書下ろしとなります。

宮藤 官九郎(くどう かんくろう、1970年7月19日 – )は、日本の脚本家、俳優、作詞家、作曲家、放送作家、映画監督、演出家、ミュージシャン、濡れ場評論家。本名、宮藤 俊一郎(くどう しゅんいちろう)。宮城県栗原市(旧栗原郡若柳町)出身。劇団大人計画所属。

愛称は「クドカン」「くんく」「クン兄」。及川光博からは「カンクちゃん」と呼ばれたことがある。

妻は振付師の八反田リコ。血液型はO型。身長176.5cm(宮藤官九郎の小部屋にて、「.5がミソです。つーかたぶん177です」と語っている)。2005年に第1子(長女)が誕生。

代表作品
ドラマ
・池袋ウエストゲートパーク
・木更津キャッツアイ
・マンハッタンラブストーリー
・うぬぼれ刑事
あまちゃん

映画
・ピンポン
・木更津キャッツアイ ワールドシリーズ
・真夜中の弥次さん喜多さん
・舞妓Haaaan!!!』
など
一部引用 wikipedia

宮藤 官九郎さんといえばもう一つの顔は、バンドグループ魂です。

バンドの中では、ギターを担当し”君にジュースを買ってあげる”の極ではNHK紅白歌合戦にも出場しています。

非常に痛快な歌詞と音楽で、個人的にも好きなバンドです。

バンドメンバーには、特徴的な演技をする俳優阿部サダヲさんもいます。ちなみに担当はボーカルです。

ごめんね青春主題歌、放送日

ごめんね青春の主題歌は、関ジャニ∞言ったじゃないか”に決まりました。

ごめんね青春の放送日時は、10月12日日曜21時からです。

ごめんね青春挿入歌

ごめんね青春のドラマの挿入歌の担当は、THE BLUE HEARTSザ・クロマニヨンズギターリストな真島昌利が始めて担当することになりました。

非常に楽しみですね。

ごめんね青春出演者、キャスト

ごめんね青春の出演者、キャストは、
原 平助錦戸 亮さん
蜂矢りさ満島ひかりさん
・蔦谷サトシ:永山絢斗さん
・山田・ビルケンシュトック・京子:トリンドル玲奈さん
・神保 愛:川栄李奈さん
・古井 豊:矢本悠馬さん
・吉井良江:斉藤由貴さん
・原みゆき:森下愛子さん
原 一平えなりかずきさん
・原エレナ:中村静香さん
・淡島 舞:坂井真紀さん
・三宮大三郎:生瀬勝久さん
原 平太風間杜夫さん

など非常に楽しみな出演者です。

ごめんね青春の関連記事

ごめんね青春あらすじ、視聴率、感想9話。予告あらすじ最終回(10話)、ネタバレ。主題歌、挿入歌、キャスト、出演者。平助がりさに三女放火を告白する

ごめんね青春あらすじ8話、予告あらすじ9話、ネタバレ、視聴率、感想。主題歌、挿入歌、キャスト、出演者。蜂谷が平助に愛の告白をする

ごめんね青春あらすじ7話、予告あらすじ8話、ネタバレ、視聴率、感想。主題歌、挿入歌、キャスト、出演者。中井が転向することに。

ごめんね青春あらすじ、予告あらすじ6話、7話ネタバレ、視聴率、感想。主題歌、挿入歌、キャスト、出演者。中井が転校することに。

ごめんね青春5話あらすじ、6話予告あらすじ、ネタバレ、視聴率、感想。主題歌、挿入歌、キャスト、出演者。吉井の秘密が

ごめんね青春4話あらすじ、5話予告あらすじ、ネタバレ、視聴率、感想。主題歌、挿入歌、キャスト、出演者公開。平助とりの関係に変化が。

ごめんね青春3話あらすじ、4話予告あらすじ、ネタバレ、視聴率、感想。主題歌、挿入歌、キャスト、出演者公開。合同文化祭を実現するためにあらた条件が。

ごめんね青春2話あらすじ、3話予告あらすじ、ネタバレ、視聴率、感想。主題歌、挿入歌、キャスト、出演者公開。合同文化祭を行うことに。

原作、脚本宮藤官九郎さんドラマ”ごめんね青春”あらすじ、

ad

関連記事

nube3

地獄先生ぬーべー3話あらすじ、4話予告あらすじ、ネタバレ、視聴率、感想。主題歌、出演者、キャスト。ぬーベーの鬼の手が生徒たちにばれてしまう。

本文(地獄先生ぬーべーに関する)まとめ ・地獄先生ぬーべー3話視聴率、感想 ・地獄先生ぬーべー3

記事を読む

9kakari10

視聴率更新”警視庁捜査一課9係”シーズン10。同時刻に、3件の殺人が。その裏には。8話あらすじ、視聴率、感想、9話予告。

渡瀬恒彦さんV6の井ノ原快彦さん出演警視庁捜査一課9係シーズン10の8話が放送されました。 ・警視

記事を読む

purixtutu

栗山千明さんと似てると話題のシシド・カフカ(28歳)さんがNHKドラマ主題を担当。曲名「我が儘」。

最近シシド・カフカさんがテレビによく出てますね。 「新堂本兄弟」では、最後の歌のコーナーではバック

記事を読む

n2

Nのために2話あらすじ、3話予告ネタバレ。原作、主題歌、出演者公開。成瀬が実家を放火する。。

本文(Nのためにに関する)内容まとめ ・Nのために2話視聴率、感想 ・Nのために2話あらすじ

記事を読む

9kakari3

ドラマ警視庁捜査一課9係3話視聴率、感想、あらすじ。4話予告あらすじ、ネタバレ。主題歌、キャスト、出演者を公開。

本文( ドラマ警視庁捜査一課9係に関する)内容 ・ドラマ警視庁捜査一課9係3話視聴率、感想 ・ド

記事を読む

risk9

リスクの神様9話あらすじ。データ改ざん。視聴率。最終話予告。

堤真一さん主演ドラマリスクの神様 ・視聴率 ・あらすじ、動画 ・原作 ・主題歌 ・出演者

記事を読む

aibou141

2016年ドラマ視聴率ランキング1位NHK大河ドラマ真田丸、2位相棒シーズン14、3位スペシャリスト。長瀬さん主演フラジャイルが奮闘。

2016年ドラマの視聴率ランキング ・2016年ドラマの視聴率ランキング1位、2位、3位 ・20

記事を読む

2

以前ヤンキー役をやっていましたが「夫の彼女」ではOL役をやっている川口春奈さん。視聴率は下降気味。顔が大きいという噂?

川口春奈さんは、ちょっと悩んでいるようです。 ドラマTBS「夫のカノジョ」ドラマの主役をしています

記事を読む

kazokugari2

松雪泰子さん主演ドラマ家族狩り2話視聴率、感想、あらすじ。3話予告あらすじ、ネタバレ。

本文内容 ドラマ家族狩り2話が放送されました。このドラマの ・2話視聴率、感想 ・2話あらすじ

記事を読む

kinndaiti6

山田涼介さん主演ドラマ”金田一少年の事件簿N(neo)6話視聴率、感想、あらすじ。7話予告あらすじ、ネタバレ。主題歌、キャスト、出演者を公開します

本文( 山田涼介さん主演ドラマ”金田一少年の事件簿N(neo)”に関する)内容 ・ドラマ”金田一少

記事を読む

ad

ad



PAGE TOP ↑