主題歌更新。遠藤憲一さん、菅田将暉さんのダブル主演民王。1話予告あらすじ、原作、出演者、見所、主題歌、放送日公開

公開日: : 最終更新日:2015/07/04 テレビ 視聴率, 民王

遠藤憲一さん、菅田将暉さんのダブル主演ドラマ民王が放送を開始します。
・民王概要、見所
・民王1話予告あらすじ
・民王原作
・民王主題歌
・民王出演者
・民王放送日
を公開します。

民王概要、見所

”花咲舞が黙ってない”、”ようこそ、わが家へ”、”半沢直樹”と数々のドラマをヒットさせた池井戸潤さんの作品”民王”が放送されます。

遠藤憲一さん、菅田将暉さんのダブル主演にて放送されます。

”民”の”王”を内閣総理大臣と表現した作品。

物語は、あるとき突然
内閣総理大臣と内閣総理大臣の息子の体が入れ替わったらという条件で、物語が進んでいきます。

そして内閣総理大臣武藤泰山は、息子のかわりに大学生を演じ、対する武藤泰山の息子翔は、何もわからぬまま国会の答弁に立たされてんやわんや。

答弁の用紙に記載されている漢字も読めず、大苦戦。
しかし、若者ゆえの正直な意見で国会を導き出す。

武藤泰山は、就職活動を行い面接では面接官を論破し、尽く失敗。

非常に面白そうな作品です。

民王の見所は
・遠藤憲一さん演じる内閣総理大臣武藤泰山が、どんな大学生生活をすごすのか
・菅田将暉さん演じる大学生が、どんな内閣総理大臣演じるのか非常に楽しみです。

民王1話予告あらすじ

任期半ばで政権放棄、そんな無様な総理大臣を二代続けて出し、民政党の支持率は、歴史に残る低迷を記録。

戦後三度目の政権交代が危ぶまれる、どん底の危機の中で総裁選に立候補した武藤泰山(遠藤憲一)は、民政党のドン・城山の力を借りてついに内閣総理大臣の座を手にする。

 赤坂の高級クラブで長年の盟友、狩屋孝司(金田明夫)と第一秘書の貝原茂平(高橋一生)と祝杯をあげる中、貝原だけは泰山の息子・翔(菅田将暉)が事件を起こして足を引っ張らないよう釘を刺すのだった。

 地位と権力にしか興味がなく、家庭を顧みない泰山に嫌気がさして、大学生になると自宅に寄り付きもしなくなった翔は、とある無国籍で猥雑な町にある『キッチン・やみくも』に居候していた。そこを訪ねた泰山は、裸同然の女と手を握り合っている翔の姿を目にする!

 「ジェルネイルをしてあげていた」と女の子のような説明をする翔に、総理大臣になったことを告げる泰山。だが翔はたいした興味も示さず、家に連れ戻そうとしてもそれを拒絶する。

 「事件だけは起こすな」と釘を刺して、『キッチン・やみくも』をあとにする泰山だったが…?

 翌朝、泰山のもとに経済産業大臣・江見が失言をしたという報告が入る!
 その日の予算委員会は「中小企業の社長は、企業努力が足りないんだバカヤロー」という江見の暴言で持ちきりに。

城山からは「一度坂を転げ始めると、驚くほど速い。野党はもう水面下でお前を倒そうと動き出しているぞ。江見は辞任させろ」とプレッシャーをかけられ泰山は困惑する。そして痛んでいた奥歯がさらに痛み始めたその時…!

 一方、翔は『キッチン・やみくも』にやってきた怪しい男と対峙していた。どうやら店主の渡には借金があったようで、その返済が滞ってしまったようなのだ。

 折しも店に来ていた憧れの先輩・南真衣(本仮屋ユイカ)と、その後輩・村野エリカ(知英)の手前、勇ましくその男を追い返そうとする翔。

だがちょっとしたアクシデントで翔の頭にフライパンが激突! 激しい痛みを感じたその時…!

 目が覚めると翔は予算委員会の真っ只中にいた。周りを見回すと威厳のあるオジサンたちばかり…。「ウソ! 国会? なんで!?」と小さく叫び、若々しい動きでキョロキョロする翔。

しかし周囲の人間たちには泰山の姿に見えたままのため、どうにもおかしな光景に…。異変を感じた委員長は休憩を挟むことにし、その間に翔は慌てて私邸へと向かう。

 その頃、予算委員会にいたはずの泰山は『キッチン・やみくも』で目覚めていた。真衣、エリカら見たこともない人々に囲まれ、思考回路が停止する泰山。慌ててトイレに駆け込み鏡を見ると…そこには息子・翔の顔が映っていた!

 声を押し殺しながら、悲鳴を上げる泰山。わけがわからぬまま私邸へと向かった泰山は、そこで自分の姿をした翔と再会するのだった。

 なんとふたりの心と体が、なにかのきっかけで入れ替わってしまっていたのだ! 狩屋と貝原をなんとか信じさせることに成功した泰山と翔。

なぜ入れ替わってしまったのか、病院へ行くにも、国の一大事だから、まず防衛大臣に伝えるべきなのか。いつ戻るかも全くわからない状況の中、まず明日、どう切り抜くか作戦会議を練り始める。

 そしてふたりはそれぞれの姿のまま、互いの職務をまっとうすることになるが…?

”民王”ホームページ引用

民王原作

民王の原作は、人気脚本家の池井戸潤さんの民王です。

池井戸潤さんの作品ドラマは
花咲舞が黙ってない
ようこそ、わが家へ
半沢直樹
など多くの作品があります。

民王主題歌

民王の主題歌は、miwaさんのストレスフリーに決定しました。

民王出演者

民王出演者は、
主人公
・武藤泰山 遠藤憲一さん
内閣総理大臣
・武藤翔 菅田将暉さん
・南真衣 本仮屋ユイカさん
・村野エリカ 知英さん
・貝原茂平 高橋一生さん
・狩屋孝司 金田明夫さん
・武藤綾 峯村リエさん
・新田理 山内圭哉さん
・闇雲渡・郁代 原金太郎・池谷のぶえさん
・小中寿太郎 六角精児さん
・蔵本志郎 草刈正雄さん
・城山和彦 西田敏行さん

など個性のある人物が多く、楽しみですね。

”民王”放送日

放送日は、毎週金曜日11時15分からです。

尚初回放送7月24日11時15分から放送

ad

関連記事

生野陽子さん、中村光宏さんフジテレビアナウンサー結婚?加藤綾子アナと生野陽子アナは仲が悪い?

生野陽子アナウンサー中村光宏アナウンサーと社内恋愛が再度フライデーに掲載。結婚間近かという噂も。結婚

記事を読む

視聴率更新。流星ワゴン2話あらすじ、感想、視聴率。3話予告。西島秀俊さん、香川照之さん出演。主題歌はサザン。父の家族に見せないプライドをしる。

流星ワゴン2話がはじまりました。息子と父親の絆は。。 ・流星ワゴン2話視聴率、感想 ・流星ワゴン

記事を読む

軍師官兵衛39話視聴率、感想、あらすじ。40話予告あらすじ、ネタバレ。キャスト、出演者。官兵衛は隠居し、長政に家督を譲ることに。

本文( NHK大河ドラマ軍師官兵衛に関する)内容 ・NHK大河ドラマ軍師官兵衛39話視聴率、感想

記事を読む

視聴率更新。花燃ゆ9話あらすじ、感想、視聴率。10話予告、井上真央さん、伊勢谷友介さん、東出昌大さん、高良健吾さん出演。高杉晋作が志を目指す。

NHK大河ドラマ花燃ゆ9話が放送されました。 ・花燃ゆ9話視聴率、感想 ・花燃ゆ9話あらすじ

記事を読む

視聴率更新。デート恋とはどんなものかしら6話あらすじ、視聴率、感想。7話予告、杏さん、国仲涼子さん主演。主題歌chay。巧が依子に恋心。。

フジテレビ月9ドラマ”デート 恋とはどんなものかしら" ・デート〜恋とはどんなものかしら〜6話視聴

記事を読む

ドクターx、相棒、モッサンなど2014秋ドラマ紹介。視聴率予想。

本文(2014秋のドラマ)内容まとめ ・2014秋の注目のドラマ ・2014秋のドラマ視聴率予想

記事を読む

NHK朝の連続ドラマ”花子とアン”11週視聴率、感想、あらすじ。12週予告、ネタバレ。周造が亡くなり、はなは東京へ。視聴率は最高を記録しました。

本文(NHK朝の連続ドラマ”花子とアン”に関する)サマリー ・NHK朝の連続ドラマ”花子とアン”の

記事を読む

オトナ女子。久々ドラマ出演篠原涼子さん。高視聴率をとれるか?出演者、一話あらすじ。

オトナ女子 2015年秋の木曜10時のフジテレビドラマは、オトナ女子に決定しました。 主演は

記事を読む

嵐二宮和也さん主演ドラマ”弱くても勝てます” の4話視聴率、感想。5話予告、ネタバレ。赤岩の苦悩は。。

本文(嵐二宮和也さん主演ドラマ”弱くても勝てます”)のサマリー(要約) ・嵐二宮和也さん主演ドラマ

記事を読む

視聴率更新。ようこそ、わが家へ5話あらすじ、視聴率、感想、6話予告。名無しさんは、七菜の元彼辻本なのか。。

嵐の相葉雅紀さん主演ようこそ、わが家へ ・ようこそ、わが家へ5話視聴率、感想 ・ようこそ、わが家

記事を読む

ad

ad

no image
長崎の安い宿、ゲストハウス、民泊。評判、居心地、お勧め、Casablanca、クレド佐世保など

長崎のゲストハウスのゲストハウス、民泊について紹介します。 地区別で

no image
視聴率ランキング2019年春ラジエーションハウス、緊急取調室、集団左遷。意外な人気は俺のスカートどこ行った、きのう何食べた

2019年春視聴率ランキングを公開します ・ラジエーションハウス

no image
加計学園の問題。安部首相、官邸、文部省。真実は愛媛県ではなく、今治市が握っている

加計学園の問題が、いまだに解決していません。 新たな文書が各省庁、県

no image
コインチェック流出事件後。危機管理体制不足。今後の仮想通貨の下落に拍車も。

コインチェックの流出事件後、コインチェックの会社の危機管理体制がおろそ

no image
仮想通貨ビットコインなど暴落には注意。キーとなるのはコインチェックの対応次第。

コインチェックによる流出事件(詳細はこちら)が発生し二日たちました。

→もっと見る



PAGE TOP ↑