2014年5月,6月googleアルゴリズム変更。2013年はトレンドサイトに対するgoogleの対策強化。

公開日: : google, アルゴリズム

2014年5月、6月皆さんのサイトの検索クリエ、PV、訪問数が変化していませんか。

2014年5月、6月googleアルゴリズムの変更

私が複数2014年5月からpvの変動が大きくなり、2014年6月になると様々な記事に対するpvのばらつきが酷くなりました。

そこでいろいろと探してみると2014年5月、6月googleアルゴリズムの変更されていました。

2014年5月に2回
ウェブスパムの対象なる可能性のあるサイトのアルゴリズムの変更

2014年6月
検索クリエを対象としたアルゴリズム変更
とのことです。

報道によると
米Googleエンジニア・Matt Cutts氏が2014年6月、3度目となるアルゴリズムの更新を発表した。2014年6月12日からロールアウトされたとのことです。

参照ページ
Google Payday Loan Algorithm: Google Search Algorithm Update To Target Spammy Queries

そして他の様々なサイトでも検索順位の変動が、確認された報告が様々なブログ等に報告されています。

2013年夏googleトレンドサイトへの対策

昨年は、ブログで非常に流行したトレンドサイトへの対策を強化したようでした。

あまりにもトレンドワードの記事の質が悪く、コピーペースト等でそのブログ自身の者ではない記事が氾濫し、またSEOを実施すると反映されてしまうとい検索エンジンに上位検索されてしまうことがありこれに対して対策が行われました。

コピーなどして引用しても、引用の掲示も行わないなど非常に悪質だったため対策されました。

ネット上では、2013年夏以降は、
・モラルを守る
・自分で作成された記事
・引用には引用の掲示を行う
など非常に変わりました。

だんだんと質の良いサイトが増えていったと思います。

しかし今密かに問題になっているのは、サイトの内に2chなどの掲示板を連携し検索が上位に表示されていることです。

ここからは私の推論ですが
・2chや掲示板は多くの人間が書き込みをすることによる、コミュニケーションの高いサイトと認識
・2chや掲示板のサイト内に掲示することによる、文字数が増加し非常に内容が充実したサイトと認識
されているのだと思います。

しかし検索結果で表示して、そのサイトを見ると自分が検索した内容の答えが乏しいことがわかります。

その対策を今後googleがどのような対策をしてくるのか。またそのことをgoogleは容認するのか。googleの動向は注目です。

ad

関連記事

記事はありませんでした

ad

ad

no image
加計学園の問題。安部首相、官邸、文部省。真実は愛媛県ではなく、今治市が握っている

加計学園の問題が、いまだに解決していません。 新たな文書が各省庁、県

no image
コインチェック流出事件後。危機管理体制不足。今後の仮想通貨の下落に拍車も。

コインチェックの流出事件後、コインチェックの会社の危機管理体制がおろそ

no image
仮想通貨ビットコインなど暴落には注意。キーとなるのはコインチェックの対応次第。

コインチェックによる流出事件(詳細はこちら)が発生し二日たちました。

no image
仮想通貨ビットコインなどの今後の動き。コインチェックの暴落の原因、そして今後のコインチェックは。。。

コインチェック580億円流出事件が発生しました。 原因は、簡単に言う

仮想通貨とは。仮想通貨ビットコイン、イーサムなど今後の動向、将来性。暴落の原因は。

仮想通貨が昨年から大きく価値が増加しました。 今回は仮想塚に関する今

→もっと見る



PAGE TOP ↑