”iphoneが充電できない”などの故障が発生したときの対処方法及び費用。前兆は充電速度が遅くなったります。尚、ケーブルの根元が弱くなって充電できなくなる場合もあります。

”iphone”で充電が出来なくなった

本日iphoneがまた、充電できなくなりました。これで2度目です。iphoneは、充電中たまに高温になるため注意してください。そして私が知ってる対応方法をすべて行いましたが治らず、アップルサポートへ行くことへ。そしてiphoneの交換となりました。

アンドロイド搭載の携帯と”iphone”どちらが故障しやすい?

私はiphoneを発売当初から使用していました。そしてアンドロイドの携帯も使用していました。

どちらが故障しやすいかというと個人的に経験ですが、アンドロイドの携帯でした。とにかくフリーズしやすく結局アンドロイドの携帯を解約しました。

アンドロイド搭載の携帯に比べて、iphoneが故障しにくい理由

個人的な経験でもiphoneの方が故障しにくいのですが、これは実は考え方では当たり前なのです。

スマートフォンとしてiponeが発売され、多くの人に使用されました。そしてその後
アンドロイド搭載のスマートフォンが発売されました。
そしてスマートフォンの販売台数も他社より多く発売されています。

つまり、iphoneは他社のスマートフォンの会社より、様々なトラブルを多く経験してノウハウを多く得ているのです。

当然多くの”ノウハウ”があればいい製品が出来ます。製品の完成度も高くなるのでiphoneは他社のスマートフォンより故障は少なくなります。

ただ今後は、他社もノウハウを蓄積しているので製品の完成度も高くなります。

個人的にはアンドロイド搭載のスマートフォンが、今後より利便性が高くなるでしょう。理由を話すと長くなりますが。

”iphone”で充電されない、電源が入らないときの対処法

iphoneで充電されない、電源が入らないトラブルにあいました。その時の対処方法を書きます。尚前兆としては、充電速度が遅くなったりします。

まずiponeで充電されない、電源が入らない場合は、以下のことを確認してください。
1.充電する
2.ipone右上のボタンを長おしする。
3.充電するコードの付け根が接触不良をおこしていないか調べる。
※iphoneの充電のコードの付け根は、非常に弱いので充電されないときは、必ず確認してください。
4.充電するコンセント、USBポートの故障

上記で”iphone”で充電されない、電源が入らない”のトラブルが治らない場合は、個人で出来る最後の手段

iphoneの”右上のボタン”とiphone画面下の丸いボタン”を一緒に押して、30秒以上長押ししてください。

もし上記のことをして治らない場合は、
1.iphoneのバッテリの故障
2.iphoneハード内部に問題がある
こととなりますので、アップルでサポートを受けてください。

iphoneの修理費用及び修理により起こる弊害

1.iphoneのバッテリの故障
の場合は、バッテリー交換ですむので、アップルサポート店で30分もあれば治ります。そしてデータも電話帳、メール、アプリ、メモなどのデータ消えません。

費用は7000円程度です。
※iphoneの保障に入っていれば無償となります。

2.iphoneハード内部に問題がある
の場合は、本体を変更することになります。メール電話帳、メールなど一部のデータは引き継げますが、メモ、アプリなどのデータは引き継ぐことができません。なので大事なデータがある場合は、icloudを利用するなど常にバックアップ処理を行ってください。

費用は、新しいiphoneを購入することになるので23000円~となります。
※iphoneの保障に入っていれば無償となります。

個人的にトラブルにあって思ったことは、
・iphoneの保障に入ること
・データのバックアップ
は行っておくと非常に助かります。

ad

ad

ad



PAGE TOP ↑